体がボロボロ

「俺、薬飲まないと死んじゃうよ」

こんにちはリアルです。

この言葉は30年ぶりに同窓会に出た時の話。

千葉に住んでいる○須君という同級生。

今年で54歳になるのですが、やっぱりそのくらいになると10代の頃と違ってきます。

久々に会うと、誰が誰だかわからない。

いや、分かるのですが、それは同窓会という前提で集まっているから・・・

「あいつかー」

と分かるのであって、偶然、街ですれ違ってもわからないレベル。

年齢というのもありますし、単純に形?

体重や見たフォルムが変わっていて、誰だかわからない。

もっとも、しばらく話ているうちに面影が蘇ってきて、ほとんど違和感はなくなってくるわけですが。

まあ、人間ですから年齢を経ると見た目が変わるのは普通なので、それ自体は悪い訳ではありません。

血便で再検査

ただし、「薬飲まないと死んじゃうよ」と別の同級生が・・・

「俺、健康診断10箇所引っかかったわ、血便も出たから再検査」

これは、現在、北海道で事業を立ち上げて従業員20名の社長となった○木君。

「俺、あと何年生きられるかわからないから好きな車乗るんだ!」

みたいな話がオンパレード。

そこまでいかなくても、当時、男子みんなの憧れだった女の子がメニューをみて、

「私、老眼だから老眼鏡が無いと読めないの・・・」

と言いながらゴソゴソバックを掻き回しています。

その子の話を聞いてみると、最近、医者から血圧を下げる降下剤を勧められているのだけど、薬はあんまり飲みたく無いからどうしよう?

みたいな会話になってしまいます。

正直、ここまでとは思いませんでした。

不老なの?

そういう話に花が咲く中・・・

「あわちゃん(本名が粟沢なので)、ほとんど変わらないね?」

という話に。

正直なところ、流石に50代になるとそれ相応の変化はあります。

肌の質感が変わったり、髪の毛が薄めになったり。

しかし、それ以外は確かに20歳の頃とあまり変わってない気が自分でもします。

病気もたまに風邪をひく程度で、歯医者以外は行った記憶がありません。

体内年齢もメチャクチャ若く測定結果が出ます。

実際、20代の頃と比較して柔軟性は若干落ちましたが、筋力やその他はそれほど後退した感じはしません。

それどころか、むしろ当時よりエネルギーに満ちていると言っても過言ではありません。

一病息災

理由としては2つあって、一つは・・・

「生まれつき強健では無いから」

強健では無いというのは、病弱まではいかないけれども、そんなに強く無いという話。

ことわざで「一病息災」というのがあります。

意味としては・・・

「健康な人よりも、一つぐらい持病があるほうが健康に気を配り、かえって長生きするということ」

を指します。

生まれてから幼稚園に上がるくらいまでは特に虚弱で、3ヶ月周期で吐いたり下痢を繰り返す体質でした。

ですから、3人兄弟(姉、私、弟)なのですが、弟の方が背が15センチくらい高くて体重も20キロくらい多いです。

母親によると、これは幼い時に栄養を吸収出来なかったので、他の兄弟より小さいという話。

幸運なことにそれ以降はそこまで虚弱ではないのですが・・・

・消化力がそれほど高くないので沢山食べられない
・免疫力が若干低いので健康に気を使う
・アルコールの耐性が無いのでお酒は飲めない
・刺激物に弱いのでタバコも体に合わない

と自然と節制生活が続いたことが一つの理由です。

実際、同窓会で健康に赤信号が出ている人ほど・・・

「食べないと持たないからガンガン食う!」

「週数回は接待で飲む」

「タバコは好きなだけ吸う」

というスタイルでした。

やっぱり、そういうのは30代半ばくらいまではいいですが、40以降になるとかなり不摂生は効いてきて体にダメージを与えます。

特殊なワーク

私がほとんど変わらない2つ目の理由として・・・

「特殊なワークをしているから」

特殊なワークというのは、中学生くらいから瞑想を含めた独自のワークをしていたわけです。

例えば授業中に・・・

長くなってきましたので、続きは次回