忙しくて後で読みたい場合はLINEに登録してください(こちらをクリック)

神とマザー意識とitの講座

今回の動画はitの第一話。

私のKindle本を読んだ方はわかると思うけれども、普通は・・・

「it(それ)」って何?

と思うだろう。

簡単に言ってしまえば・・・

「私達(世界)を存在させている力(法則)」

みたいなものをイメージして欲しい。

人によっては・・・・

・神

・宇宙意識

・知性をもった超自然的な力

というように、言葉はなんでもいいがとにかく・・・

「私を超えた力によってこの私や世界が成り立っている」

という部分に着目して欲しい。

まあ、神という言葉が一般的だが、この神という言葉は色々な先入観がある。

・日本人の思い浮かべる神

・キリスト教徒の神

・ムスリムの神

みたいに人種や地域や文化体系によって結構な種類というか定義がある。

また、なんというかこれは一つの知性のリトマス紙みたいな働きもしている。

例えば5才児に神様ってどんな感じと聞くと・・・

「天国にいる髭をはやした偉いお爺さん」

みたいな事を言われるかもしれない。

しかし、ある程度の知性をもった人だと、これまた話は変わってくる。

例えば古代インドのバガヴァッド・ギーターでは・・・

「パラマートマー(神)は全ての生き物の中に潜んでいる。彼は全ての生き物をあたかも機械を動かすように回転させている」

みたいな認識になってくる。

バガヴァッド・ギーターの話をすると長くなるのでここではこれ以上触れないが、とにかく神なわけだが、神を神という言葉で定義すると先入観が入るのであえて「それ(it)」という呼び方を私はしている。

この講座では「それ」を知識としてだけでなく、実際にあなたの人生のプログラマーとして認識するお手伝いをしている。

この認識というのは知性による理解だけでなく、エネルギーによる伝達も起きてくる。

なぜこのような事が可能かというと、神の側面にも色々な要素があるがマザー的な側面。

母なる存在としての神の理解やエネルギーの浸透が起こってくる。

というのが動画の第一話の補足というか、内容になっている。

ではどうやっていくか?

続きはフォームにアドレスを記入した希望者にシェアしていく予定。

週末くらい、11月の26か27日くらいには締め切りになるので、続きに興味がある場合はアドレスを登録してみて欲しい。

itの講座解説フォームはこちら