アメリカの非常事態宣言と波動

こんにちはリアルです。

新型肺炎コロナの話題も相変わらずですが、昨日、ついにアメリカが国家非常事態宣言を出しました。

また、日経平均株価も1990年以来の記録的な下落。

ニューヨーク市場のダウ平均もリーマンショックを彷彿とさせるような下落。

ということで、世間的にはだいぶネガティブな雰囲気なので・・・

「何か私に出来ることは無いかな?」

といことで、ボランティア企画というわけでは無いですが、YouTube動画でパラレルワールド的な波動の調整法をシェアしています。

 

YouTube 再生リスト 波動編 

参考

波動編YouTube再生リスト

 

波動編では・・・

 

「どこに意識のチャンネルを合わせるか?」

 

によって、目に見えない波動は無論、現象世界も変化していくというのをお話しています。

有料の講座のように個別のサポートやエネルギー的なサポートは物理的に出来ませんが、動画でお話した内容を実践するだけでかなり違ってきます。

是非、有効利用して頂ければと思います。

 

ちなみに、波動を良い状態に合わせるというのは、バカみたいに楽観的になって何もしないという事ではありません。

 

ただ、日本人にはネガティブ遺伝子が多いと言われています。

ネガティブ遺伝子とは最近の研究結果で明らかになったものです。

精神の安定や幸せを感じるのは、脳内物質的に見るとセロトニンが関係しています。

そのセロトニンの分泌量を調整しているセロトニントランスポーターが他の民族より低め。

具体的には97%の人が欧米人と比較して低めと出ています。

そんなわけで、今回のようなコロナや経済ショックに遭遇すると、この世の終わりぐらいに感じてしまう人が多いわけです。

もちろん、必要な対策をとっていくべきところはそうするべきですが、混乱して錯綜する情報に次から次へと脳を掻き回すような状態は避けた方が賢明です。

また、ネガティブ遺伝子が多めというお話をしましたが、それを補う経験もしています。

これは政治家とか国のシステムとかいう話ではなく、私達日本人の集合意識。

311の震災や原発事故を経験した私たちにとっては、パニックに対してはある種の精神的な耐性が出来ています。

一般レベルでもそういう下地がありますので、この文章を読んでいる読者さんは普通の人に比べて波動に敏感な方やフレキシブルな思考の持ち主が多いので、意識の波動調整によって、この暗い雰囲気を打破していきましょう!